Fox on Security

セキュリティリサーチャー(自称)で、セキュリティコンサルタントのキタきつねの独り言。専門はPCI DSS

Apple社員のNDA

今週読んでいて気になったニュース。いまさら感がありますが、10月末に流れていたのが「Apple社員の娘がiPhoneXの動画を公開」というもの。「会社の秘密情報は家族であれ漏らさない」ことの重要性を改めて認識させられます。

 

f:id:foxcafelate:20171112120203j:plain

11月3日に発売されたiPhoneXですが、動画がupされたのは、10月24日(Gigazine記事)。9月下旬に発表会でiPhoneXは発表されていますので、動画にiPhoneX機能に関する特別な秘匿事項があったかと言えば、それほどでも無いのかと思いますが、発売前という事もあり話題になってしまい、apple社はすぐにこの動画に気づきます。

 

www.youtube.com

社員の娘(YouTuber)が発売前の情報をYouTubeに掲載する。しかも新社屋内のカフェで。そうしたバリューが話題となり、本人がすぐに動画を消しても、別な人がYouTube内に転載されまくってしまったた後でした。

 

f:id:foxcafelate:20171112120445j:plain

Apple社員のお父さんは、この動画が原因で「元社員」となってしまった様です。Appleのエンジニアを4年も続けた(きっと優秀な)社員であっても、解雇あっと言う間です。解雇理由はNDA違反であったようですが、「写真、映像、端末機能など、公式にリリースされていないハードウェア情報を音声、写真、映像で記録することが禁止」というAppleと社員の間で交わされたNDA違反なのだそう。

 

娘(Brooke Amelia)さんが、すごいYouTuberかと言うと、そうでもありません。むしろこの動画が元になって有名になっているだけで、1ヶ月に1~2回程度の動画をUpする程度で、ある意味趣味の世界に近いかもしれません。

f:id:foxcafelate:20171112120207j:plain

既に発表会後で、その他のYouTuberもiPhoneX情報をUpしている。発売前に新製品を触れる私すごい!(お父さんすごい!)程度の軽い気持ちだったろうとはいえ、結果は重大なもの(炎上、お父さんの解雇)となりました。

SNSでの情報公開は怖い、だけでなく、Appleにとってこうした技術情報の価値があって、それをNDAで守っていることについて、元社員であるお父さんの認識が甘いから解雇までいきついてしまった。そんな事も考えさせられます。

 

こうしたAppleの対応について、ネット上では「厳しすぎるのではないか?」といった意見もあるようですが、スティーブ・ジョブズ時代には、もっと厳しかったといわれていますので、私は当然かなと思います。(この程度であっても解雇しなければ、次製品の情報がまた内部から漏れてしまうリスクが懸念されます)

 

参考:ITmedia ビジネス 2012/3/19記事 

bizmakoto.jp

あるプロジェクトを手がけたときには、ひとつの階に特別な鍵をつけ、余分なドアをひとつふたつ設けて担当チームを隠した。チームのメンバーは、自分は極秘プロジェクトにかかわっています、妻や子供も含めて誰にもこのことは口外しません、という特別な契約書に署名しなければならなかった
ジョブズはつねづね全社的な情報の守秘義務を社員に説いていた。ある元社員は思い出す。 「彼はよく“この打ち合わせで話したことを、なんだろうと外にもらしたら、解雇するだけでなく、うちの弁護士の総力をあげて告訴する”と言っていました。僕はそれでとても不安になった。やることなすこと、すべてに気をつけなきゃいけませんからね。夢に出てくるほどでした」

アップルのオフィスに人を招くことはできるが、訪問者は厳しい監視下に置かれる。社員が片時も離れようとしないので(カフェテリアのなかで、ほんのわずかな時間でも)驚いたと言う人もいる。2011年なかばにアップルの友人を訪ねたテクノロジー業界の幹部は、この訪問についてツイッターで何もつぶやかないように、そして人気のWebサイト、フォースクエアにチェックインしていまの位置情報を知らせないように、と言われた

 

たいていアップルは従業員の自己規律に期待しているが、まれに彼らの社外での発言に注目することもある──たとえ向かいの店でビールを飲んでいるときにしろ。クパチーノの本社のすぐ近くに、内部者がふざけてIL‐7(インフィニット・ループ7番地、実際の社屋は存在しない)と呼ぶ店〈BJレストラン・醸造所〉がある。社内の噂では、平服のアップルの警備員がこの店のバーカウンターの近くをうろついていて、余計なことをしゃべった従業員が解雇されたことがあるらしい

こうした記事をみる限り、Apple社内はジョブズ存命な頃に比べて緩んでいる・・・とも言えそうです。