Fox on Security

セキュリティリサーチャー(インシデントアナリスト)で、セキュリティコンサルタントのキタきつねの独り言。専門はPCI DSS

Happy 8th Birthday to Krebs On Security !

定期的に巡回しているKrebs on Securtyが昨末(12/29)に8周年を迎えていた事に気づきましたので、つぶやいてみます。Congrats to Krebs !!

Happy 8th Birthday, KrebsOnSecurity! — Krebs on Security

f:id:foxcafelate:20180108070921j:plain

 

ブライアン・クレブズ氏を知らない方もいらっしゃるかも知れませんので・・・

ブライアン・クレブス(Krebs On Security Investigative Reporter 調査報告者)

クレブスは、コンピュータセキュリティおよびサイバー犯罪に関するブログであるKrebs On Securityの著者。1995年から2009年までワシントンポストの記者であり、技術方針、プライバシー、コンピュータのセキュリティをカバーし、セキュリティ修正ブログを運営してました。彼はハッカー0x80にインタビューすることでも知られています。2013年3月14日、彼はスワッティング被害を受けた最初のジャーナリストとなりました。

RSA Conference 講演者紹介より翻訳引用)

※注:スワッティングとは、緊急通報用電話番号を悪用し、何らかの大事件が起こっているとする虚偽の通報によって対象の元に警察官などを派遣させるという悪戯 (wikipediaより引用)

 

彼がスクープした事件は米小売大手のTarget社の事件だけでなく、それこそ無数にあり、米国だけでなく世界を代表するセキュリティ専門家と言っても過言ではないかと思います。

 

クレブス氏の影響力を語る上で、上記RSAコンフェレンスの紹介文にはありませんが、2016年9月には当時最大規模のDDoS攻撃(665Gbps)を、”個人サイト”として受け、セキュリティをサポートしていたAkami社がギブアップしたという逸話まで持っています。

www.itmedia.co.jp

余談が過ぎましたが、8周年の記事には、彼が過去に160の記事を書き、読者からのコメントが11000を超えたという実績が出されていました。2017年の発表記事は少なかったのですが、それについてもコメントがあり、

I have been trying to focus on quality over quantity, and many of these stories took weeks or months to report and write.

しっかりした記事を書くためである(量よりも質にフォーカスしている)としています。これからも是非、ファンが唸る(スクープ)記事を連発して欲しいと共に、Blognoコメント欄で、その豊富なる知識、知見をもって、セキュリティ業界をリードしていってもらいたいと思います。

 

本業の傍らにブログを書いている私には非常に質が高い調査記事を書かれるクレブス氏は、はるか高みにあって追いつけないのですが、少しでも近づけるようになっていきたいものです。

 

ふと思って、Krebs on Securityの初投稿記事を見てみたのですが、こちらの方が、今の私にはセキュリティ関連ブログの目指す方向として、参考になりました。

Welcome to Krebsonsecurity.com — Krebs on Security

f:id:foxcafelate:20180108071513j:plain

My focus will remain on publishing information and reporting that you won’t find anywhere else

読者がどこでも見つけられない情報やレポートを発表していく。。。

是非目指していきたいものです。

 

 

 

更新履歴

  • 2018年1月8日 AM(予約投稿)