Fox on Security

セキュリティリサーチャー(インシデントアナリスト)で、セキュリティコンサルタントのキタきつねの独り言。専門はPCI DSS。諸々のお問合せ(取材、執筆、各種お問合せ等)はフォックスエスタ (https://foxestar.hatenablog.com/)をご覧ください。

CIAの頭の体操

CIAがインスタグラムアカウントを突如開設した様です。

www.theverge.com


CIAのディレクターGina Haspelが先週アラバマ州のAuburn大学での講演中に、諜報機関が写真共有プラットフォーム上でプレゼンスを構築することを発表すると発表したので、発表は本当に驚くべきことではなかった。CIAはすでにFacebookTwitterのような他のプラットフォームでかなりの数のフォロワーを誇っていますが、今日までInstagramに飛び越えていませんでした。

CIAの広報担当者であるチェルシーロビンソン氏は、「Instagramに参加することは、CIAの話を共有し、優秀なアメリカ人をここに迎え入れるためのもう1つの方法です」と語った。「そのアカウントを通して、私たちはエージェンシーの生活を覗き見しますが、秘密の場所からのselfiesを約束することはできません。私たちは、CIAのグローバルな使命が他の人が行けないところに行って、他の人ができないことをするという、さまざまな方法について、Instagramのユーザーの好奇心を刺激することを目指しています。」

(The Verge記事より引用)※機械翻訳

 

 

◆キタきつねの所感

CIAのInstagramアカウントを実際に見てみました。まだ1週間も経ってないのですが既にフォロワー12万人もいます。優秀な人材をCIAにひきつける前段階として、話題になるという部分では成功したと言えるかも知れません。

 

突然のアカウント開設の中で、最初に投稿された写真は「暗号ではないか」といった形で非常に注目を浴びています。何となくですが、CIAが出してきた「頭の体操」な気がします。

f:id:foxcafelate:20190430113951p:plain

何の根拠もありませんが、「探偵(スパイ)力向上」を狙って、この写真から言えそうな事を考えてみます。

 

少し画像を拡大すると、こんな感じです。

f:id:foxcafelate:20190430114520p:plain

 

まず最初に気になったのが、「PCが無い」。ヘッドフォンを除いて、PC等の電子機器と思わしきモノがありません。アナログ的に紙とペンで仕事をしている・・・という事も考えられますが、不自然さが残ります。

 

次に目についたのが、椅子にかかった上着に付いているID証明書です。

f:id:foxcafelate:20190430114909p:plain

まず持ち主(であろう方)が白人女性ぽい事がわかります。名前も書いてそうですが画質が粗いのでよく分かりません。日本のソレと違う特徴としては、IDカード自体が写真と文字しかなく、どこの組織に所属する人なのか(セキュリティ上の理由からか)書いてません。こうした運用は仮にIDカードを落した際に不正利用がしずらいと言う点で有効なのですが、「ID証明を吊り下げているリール」にCIAと堂々と書いてるので、セキュリティの意味を成してない気もします。

 

お次が、これ(カツラ)ですね。

f:id:foxcafelate:20190430115311p:plain

CIA職員だとすれば、当然と言えば当然な気もしますが、変装しなければいけない。そんな日常の仕事状態が垣間見れる気がします。

 

次はこれ、トップシークレットのパルプ・・・恐らく仕事中の秘密書類が入っているのだと思います。

f:id:foxcafelate:20190430115515p:plain

 

机の上の地図もなにやら気になりますが、画質が悪くて私には解読不能でした。とは言え、海外メディアの別な記事では、この地図を左がロシア、右がペルシャ湾であると読み解いてました。いかにもCIAぽい地域を研究している事が分かります。

f:id:foxcafelate:20190430120302p:plain

 

地図という意味では、左上にも地図が貼ってあります。これは何となく分かりました。東南アジアが見えていますが、メインは中国の地図です。こちらも・・・米中貿易摩擦を考えるまでもなく、CIAぽいです。

f:id:foxcafelate:20190430120545p:plain

 

本も気になったのですが、一番左の本しか読み取れませんでした。(The Secret Book)つまり・・・暗号表なのだと思います。暗号文を解読しているCIA関係者の仕事には必須なものだと思いますが、ここまで露骨に机の上においているのも、実は偽のコード表なのか・・・と想像力をかきたてるものがあります。

本の押さえになっている右下の『金色のホチキス』も何か意味があるのかも知れませんが、解読できず。

f:id:foxcafelate:20190430120737p:plain

 

 

右側は、『I WANT TO TRAVEL THE WORLD』(世界中を旅したい)と読み取れ、強制的に世界中を飛び回る為に、小銭を貯金している?(下にも小銭が映っているので)貯金箱なのかと思います。

 

時計も何か意味があるだろうと思ったのですが、私には分かりませんでした。海外メディアの別な記事を読んで理解したのが、8:46の持つ意味です。

f:id:foxcafelate:20190430121131p:plain

アメリカ同時多発テロ事件 - Wikipedia

午前8時46分40秒、ハイジャックされたアメリカン航空11便がワールドトレードセンター北棟 (1 WTC)の北面に突入した

 

アメリカ人なら誰もが忘れないであろう、飛行機が突っ込む衝撃的な映像が頭を過ぎりました。CIA職員たるもの、何のために働いているのか忘れるべからず・・・そんな意味なのかも知れません。

 

こちらの判子は、CLASS・・・と右側に判子が押されたイメージがあるので、『極秘分類』をする判子だと推測されます。CIAの取り扱う書類はほとんど極秘?な気もしますので、利用頻度が高い事が想像されます。(相当使われている感がありそうです)

f:id:foxcafelate:20190430121917p:plain

 

他にも、なぜかヘッドホンだけ置かれているのは『実は拷問用!?』といった疑問点は多々湧いてくるのですが、この怪しげな雰囲気が漂うCIAのインスタグラム初投稿は、色々な海外記事(Twitter等)で分析がされています。

 

気になる方は、(英文ですが)覗いてみては如何でしょうか。

www.thesun.co.uk

www.telegraph.co.uk

 

 

 

頭の体操 BEST

頭の体操 BEST

 

 

 

f:id:foxcafelate:20190430122356p:plain

更新履歴

  • 2019年4月30日AM(予約投稿)