Fox on Security

セキュリティリサーチャー(インシデントアナリスト)で、セキュリティコンサルタントのキタきつねの独り言。専門はPCI DSS

新元号問題

元号問題はカレンダー制作会社や様々なシステムの改修が必要なITベンダーだけでなく、色々な所で問題となっている様です。そんな中、とある由緒正しきところにお参りに行った際に見かけた看板。

f:id:foxcafelate:20190209163324j:plain

 

◆キタきつねの所感

来年の正月を表す表記・・・今の時点では平成32年が最も分かりやすいのですが、来年の年号は今の時点で分からないので『元号二年』と表記している所がなるほどなぁと思いました。これ以上良い表現の仕方は無い気がします。

 

政府は新しい元号4月1日に発表するとしていますが、恐らく当日は『新元号は西暦!』といった、フェイクニュースが飛び交うことになると予想されています。

buzz-plus.com

 

国内だけのインパクトで終わると思いますので、さすがに国家機関規模の大規模なフェイク工作は行われない・・・だろうと思いますが、東京五輪を前に、フェイクニュースをAI防御する実証実験などには最適かも知れません。

ledge.ai

 

余談ですが、色々な記事を読んでいて新年号、新元号・・・どちらも同じ意味で使われているのですが、違いが良く分かってませんでした。以下ご参考まで。

www.543life.com

 

 

更新履歴

  • 2019年2月9日PM(予約投稿)